こんにちは!
月・火・金・土曜に
クラスを担当しているRemiです!

だんだん暖かくなってきて
外に出かけたい!新しいことを始めたい!!
という春らしいフレッシュな気持ちと、
感染症リスクを考え外出自粛との狭間ですよね。

今日は家での練習に役立つ
ヨガの基本のポーズの解説をご紹介します。
「板のポーズ/プランクポーズ」
サンスクリット語ではクンバカーサナとも言います。
クラスでもよく出てくるポーズです。
DSC09564


腕立て伏せのような形で見慣れたポーズですが、
気をつけるところはたくさん!
<ポイント>
・肩の真下に手首をつく。
・手のひらは大きく広げて、できるだけ平も指も浮かせず全体で床を押す。
・腕の過進展に注意し、
 肘が正面に向いてしまう人はほんの少し肘を曲げて内側に向けるようにする。
・頭からかかとまで一直線にすることをイメージして、下腹部を引き上げる。
 お腹が下がり過ぎず、お尻が上がり過ぎないように注意。
・息は止めずに、しっかり呼吸を繰り返す!!


妊婦さんは長時間のキープはしないように、
お腹に負荷をかけ過ぎないようにしてくださいね。
お腹が大きくなってきて、背中が反る状態でしかできない場合は避けましょう

体幹強化や腕力、腹筋を使うポーズなので、
体力づくりや他のバランスポーズの準備にもなります。

お家でなかなか練習を習慣化するのは難しく、
私もまだまだ途中段階ですが、、、
お風呂の後、寝る前、朝起きた時など
ここでやってみよう!というタイミングを一つ決めると忘れずに続けやすいです。
そして、できなかった日があっても落ち込まずに
「明日はやろう!」と思って気長に続けられるといいですね。

ポーズのこと、ヨガのことでも、
気になることがあったらいつでもお声がけください(^ ^)


★mymeのインスタグラムはこちら
ID: myme_yogastudio

#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ #妊活 #不妊治療 #出産 #免疫UP #プレコンセプションケア #アーユルヴェーダ#ヨガベルト

 いつも茅場町女性ヨガスタジオmymeをご利用くださり、誠にありがとうございます。

東京都からの今週末の活動自粛要請を受けまして、3月28日(土)のレッスンを一部、休講とさせて頂きます。



【休講】
12時30分~13時30分 ベーシックヨガ
14時~15時 親子ヨガ


尚、
11時~12時 マタニティヨガ
につきましては、変更なく開催いたします。


1日も早くこの状況が終息し、日常が戻ることを祈念しております。
皆さまどうぞ、お体を大事に週末をお過ごしくださいませ。


妊娠中の運動って、どんなことをすれば良いの?と、思う方も多いのではないでしょうか。

有酸素運動は、フィジカルフィットネス(筋力、持久性、柔軟性などの基本的な身体能力)が維持、改善され、また、ストレッチなどの運動療法では、妊娠中の腰痛を減らす効果も認められています。

1970年以降は、海に潜る「海女さん」が安産であることから、マタニティスイミングが普及。その後、エアロビクスやヨガなど、マタニティライフを支援するクラスが増えました。

(私自身は、スイミングインストラクターでもあるので、子ども3人は、マタニティスイミングで体力維持をし、出産に臨みました)


では、どのぐらい運動すれば良いのか。


もちろん人それぞれ違いますが、エビデンスを基にした目安があります。

妊娠中に推奨される運動の目安(運動経過が正常な妊婦)

・頻度 少なくとも週3回以上、出来れば毎日

・強度 中等度程度もしくは、主観的運動強度で、「ややきつい」または運動中に会話が出来る程度

・15分/日から開始して中等度の活動を少なくとも30分/日、計150分/週行う

・歩行や※エルゴメーターのような大きな筋肉を使用する、規則的な活動。

(※スポーツ器具で、フィットネスバイクなど、強度や量が計れるもの)

いかがでしょう。参考になりましたか?

そして、ヨガの呼吸法も大切ですが、イマジナリーも自律訓練法となり、効果大です。

心地好い状態(環境など)をイメージしたり、ちゅルンと出産するイメージは、ここぞと、いうときに副交感神経をあげてくれます。

リラックスして、主観的にお産に臨めるということ。

Mymeのレッスンでは、心地好い運動(ヨガ)、呼吸法、イメージング法をお伝えしております。

どのぐらい動けば良いのか、どんなことをマスターしておくとお産に(子育て、人生に)役立つのか、レッスンの中で少しずつ共有していきましょう。

レッスンでお待ちしております。

※なんらかのリスク状態のある場合は、運動を行って良いか、主治医へ相談してください。(スタジオmymeは、いとう産婦人科、内科と連携しております)

以下の症状が現れた場合は、運動を中止し、受診してください。

性器出血、運動前の呼吸困難、めまい、頭痛、胸痛、筋肉疲労、子宮収縮、胎動減少、下腹部の痛みや腫脹(血栓性静脈炎による)


★mymeのインスタグラムはこちら
ID: myme_yogastudio

ご予約はこちらから。
http://kayabacho-yoga.com/

#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ #妊活 #不妊治療#ピラティス#産後ピラティス#プレコンセプションケア

↑このページのトップヘ