こんにちは✨セロトニンヨガインストラクターのTabtabです😊

今日は、「マタニティブルーズと産後うつ」の話。

マリッジブルーやマタニティブルー、、、環境の変化やストレスにより気分の落ち込みがあると、よく「ブルー」と云う言葉を使いますよね。

妊娠中のネガティブな気分を「マタニティブルー」と表現しますが、本来は出産後の急激なホルモンバランスの変化からおこる症状を「マタニティブルーズ症候群」と呼びます。症状は似ていても、産前と産後では生理的な違いがあります。

妊娠中は「ブルー」産後は「ブルーズ」です。最近はこの区分も曖昧になっているようですが、、、。

知っておいて欲しいのは、産後数日から2週間ぐらいは、涙もろくなったり、りっぽくなったり、不安激しい疲労に襲われたり、頭の中がモヤモヤとして、マインドワンダリングの状態になります

しかしこれは一過性に見られる生理的なものなので、ご主人サポートしてくれるご家族「こういうことがあるかも知れないけど、その時はよろしくね」または「許してね」と、事前に話あっておくと良いでしょう。

心配なのは、この症状が続いた時

育児が思うようにいかない失望感や母親失格かも!という絶望感から「産後うつ病」になることも。

涙もろい、おこりっぽいだけでなく摂食障害、無力感、育児放棄、記憶喪失など深刻な病態を引き起こしてしまいます。

几帳面、責任感の強いママは特に気をつけて、リラックスを心掛けます。

深呼吸やヨガなどをしてストレスホルモン「コルチゾール」が過剰に分泌されないようにしましょう。

これは「キラーストレス」となって、脳や身体を攻撃!傷つけます!

ですから、過剰にストレスを抱える前にヨガや好きなことをしてストレスを溜めないように早めの対処を心掛けて下さい。

パパも産後うつ?

産後うつのママを一生懸命サポートするパパにも、産後うつ(育児不安と環境の変化によるうつ)が増えているそうです。ベビーちゃんの為にも、共倒れにならないようにしたいですね。

手を抜くところは、手を抜いて。もしもの時は、行政のサポートも視野に入れておきましょう。


 こんにちは、セロトニンヨガインストラクターのTabtabです

昨日ののマタニティヨガに参加してくださった皆さま、ありがとうございました。体験の方もいらっしゃいましたね✨

 クラスの中でもお伝えしたのですが、呼吸法を身に付けてご自身の内側を観察し感覚を研ぎ澄ます練習をしておくと、出産の時に大いに役立つ事はもとより、子育てにも✨家庭円満にも✨役立ちます。そして、お仕事されている方は復帰後に人間関係や効率の面などで、その違いを感じて頂けるでしょう。

 ヨガは、吸う息で交感神経を優位に、吐く息で副交感神経を優位にしていきます。この深い呼吸を意識的に行っていくことで「幸福ホルモンセロトニン」を増やし、自分の意志ではコントロールできない自律神経のバランスを整えます。妊娠中の不安や日常の緊張が取り除かれ、心と体の調和を感じることが出来るかと思います。

 呼吸と動きを連動させ、集中を切らさないようにヨガをするのは少し難しいかもしれませんが、是非、自己投資と思ってレッスンを続けてみて下さい。

 また、自律神経は各臓器へ正しく機能するようにと指令を送り、内臓にも働きかけて腸内環境を整えます。更に、根彩類などの食物繊維や発酵食品などを摂ることで善玉菌を増やし免疫力を高めます。

 インフルエンザが蔓延しているようですね。普段から生活に偏りがないか見直して、免疫力、抵抗力をあげていきましょう🎵

生活習慣で大切なのは、主に

・バランスの良い食事

・良質な睡眠

・ヨガなどの適度な運動

そして、、、

・笑顔😊 です🎶


♪( ´∀`)人(´∀` )♪


新年明けましておめでとうございます。
茅場町ヨガスタジオmymeでは経験豊富な講師陣が加わり、今も楽しくマタニティヨガのクラスがおこなわれています。

風邪やインフルエンザなども流行っていますが、ヨガをすると風邪をひきにくい身体になっていきます。

今年もヨガマットの上で…楽しく気持ちよくヨガしましょう。

お待ちしております、ナマステ。


CF2536DC-C920-4875-9B63-A56E6E9131DC

↑このページのトップヘ