茅場町女性ヨガスタジオmyme

茅場町女性ヨガスタジオmymeの公式ブログです。 インストラクターがヨガや生活のことを綴っています。

皆さん、こんにちは

この度、茅場町女性ヨガスタジオmymeのInstagramとFacebookを立ち上げました!!

今後、イベントやスケジュールなどの情報もこちらのブログだけでなく、SNSでも情報をアップしていきますので、ぜひフォローしてくださいね!!

よろしくお願いします。

今から書くことは、ただの体験談なので、ご注意くださいね!
私は薬の専門家ではないので、妊娠中の薬の飲み方についてのアドバイスではありませんm(_ _)m


妊娠中って、薬にいろいろ制限がありますよね(>_<)
一人目の妊娠中、花粉症の時期が妊娠初期で、大変でした。
いつもなら市販の点鼻薬だけで乗り切る花粉。
でも、点鼻薬一つ買うにも、
「妊娠中の方にこれなら大丈夫だとお売りできる薬はありません。お医者さまにご確認を…」
と言われる。

安全を考えると当然といえば当然なのですが、
「こっちは今すぐ症状を抑えたいから、今すぐ薬がほしいんじゃ!!」
と、思ったりするわけで。

次の検診まで待つには長いし、わざわざ花粉シーズンで混んでる耳鼻科に行きたくないし、ネットでいろいろ調べて自己判断で薬買ってました。(真似しないでくださいね!)
自己判断で買った薬を恐る恐る使い続けて、次の妊婦検診の際に
「○○という点鼻薬を使っても大丈夫でしょうか…?」
と、事後報告で相談し、
「市販の薬はそんな強くないし、点鼻薬で○○なら大丈夫です。」
と、回答を頂いてホッとする、よろしくない妊婦でした(^-^;

そんな私が、二人目妊娠中のつい先日、副鼻腔炎にかかりまして。
一応、電話でかかりつけの産院に
「そちらで診て頂くべきですか?内科か耳鼻科ですか?」
と、確認して、内科を受診しました。
副鼻腔炎と確定なら、本来は耳鼻科が良いみたいですけどね。

内科の先生に妊娠中であること、妊娠週をお伝えして、厳選した薬を処方して頂き、調剤薬局へ。
したらば薬剤師さん、
「本当はね、妊娠中の方は産院で薬を処方して頂くのが一番安心なんですけど…」

こっちは産院に確認をとって、さらに内科の先生にもしっかり確認して処方箋頂いてるんですけどー!?
今回は普通の風邪じゃなくて副鼻腔炎の可能性があるので、専門医の受診を勧められたと説明しても
「でもねぇ…」
と、引かない薬剤師さん。

最後にだめ押しで、
「用量を守って、慎重にお使いくださいね。症状がおさまったら、使うのやめてくださいね。」

慎重になってくださるのはありがたいけど、さすがに
「分かってます!」

と、言いたくなったのでした。(言いませんでしたけど)

やたらに心配されるとこっちも心配になるし、お医者さんの判断で出して頂いてる薬なんだから、さっと出して
「お大事に」
で送り出してくださいよ~(T_T)

なんて思った個人的体験談でした。
季節の変わり目で風邪が流行ってますね。
妊娠中の皆さんも、妊娠中ではない皆さんも、どうぞお体を大事にしてお過ごしくださいね(^-^)


こんにちは セロトニンヨガインストラクターのTabTabです。

今年は花芽の付きがとても良い年ですね (^^)v

お花が多い分、早朝の天然アロマの香りが濃い!!
そして、鳥のさえずりも心地好いです (^.^)

現代社会は、カチカチというような「機械音」の中で生活をしていて、それが意識に登らない所で“身の危険”を感じているそうです。
自然の中には、そのような音はなくて「ゆらぎ」の世界なんですって(^.^) 
「ゆらぎ」は、交感神経を下げてくれる。だから、森林浴で癒されリフレッシュできるのですね。

そもそも、私達は自然界の一部。他の動物達と同じ存在です。
なのに都会で生活をしていると、この大切なことを忘れてしまいます。

虫の音、鳥のさえずり、動物たちのガサゴソさせる音、樹々の葉の揺れる音、川のせせらぎ、滝の音、、。

これらは、脳を刺激して「幸福ホルモンセロトニン」も、たっぷり分泌してくれる事がわかっています。

スタジオでは、この「ゆらぎ」を感じて、リラックス出来るような素敵なBGMを流して、皆さまをお待ちしております。

音に癒され、心(魂)の声を聴きにいらして下さいね(^^)v




↑このページのトップヘ