みなさんこんにちは。
火曜日10:30産後ヨガwith baby、12:00マタニティヨガを担当しています、Yukariです。

私自身、現在第2子を妊娠しています。
8ヶ月の終わりに入ってきました。
現在もヨガとフラメンコの仕事をしています。
ヨガのレッスンは素足、ポーズによっては自分の足裏をお見せして説明することもあります。一方フラメンコは硬い革靴を履いて脚を打ち鳴らすので、衝撃によって足の爪が割れやすかったり、角質も厚くなりやすく、、
そんなことから、いつも足爪と角質のケアをネイルサロンでお願いしています。
そのフットネイルも、今回が産前最後になりました。ブログ
E8081177-F07E-4EBF-B80E-04D924E9C2A3

足のアップで失礼致しますm(_ _)m
いつもはパリッとした、発色の良いネイルを選ぶのですが、今回はなんとなく淡い温かい色に惹かれて、初めての淡色ふんわり雰囲気に仕上げてもらいました。

爪は健康状態をチェックするために、ネイルは出産の際には必ずとって行かなくてはなりません。特にジェルネイルなど、サロンでオフしなくてはならないものは、産前のスケジュールの中に入れておかないとですね。病院や産院によってはオフする時期を指定していることもあります。

余談になりますが、ネイルだけでなく、アクセサリーも外すタイミングをみた方が良いです。妊娠後期は浮腫みやすいので、例えば、いざ指輪を外そう、と思った時に外れにくくなっていることがあります。
私の友人の話しですが、ブレスレットと指輪を外し忘れて分娩に行き、浮腫みのためにどちらも外すことが出来ず、全ての貴金属を病院でカットしたそうです、、スペインの病院での話しですが。

ネイルをするしないに関わらず、足のケアをしてもらうのは、至福の時。。
フットバスで温まったり、クリームでマッサージしてもらったり、ハートの芯までほっこりする時間でした!

ヨガのクラスでも、クラスオープニングのほぐし時間に、簡単なフットマッサージやツボ押しなど取り入れています。
気になることがありましたら、体調チェック時だけでなく、ほぐしの時間にも質問して下さいね!

#中央区#茅場町#ピラティス#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#産後ヨガ#mymeスタジオ#医療機関連携#癒し#茅場町女性鍼灸院#つわり#妊娠#凝り解消#育児#赤ちゃんと一緒#休息#ネイル

レッスンご参加までの流れは、こちらをご覧ください

http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html

こんにちは セロトニンヨガのTabtabです。

妊娠34頃から、会陰マッサージを始めましょう。

最初は違和感や戸惑いを感じられるかも知れません。
やらなくても、もちろん良いのですが、初産の場合は赤ちゃんの頭が出てくるときに、会陰切開や縫合を必要とする会陰裂傷のリスクが高くなります。

私が出産の時は、会陰切開をするのが当たり前!の時代でしたが、、、。(*_*;

産後の痛みを考えたら、やっておいた方が、、、良いかも。

会陰マッサージを行った多くのママ達の感想として、「マッサージ開始直後は痛みや灼熱感を感じても、2~3週間も続けると軽減する」とのこと。

毎日行う必要はなく、週に1~2回。

皮膚が温まって、痛みを感じにくくなる、お風呂上がりに行うのがお勧めです。

会陰マッサージは、お口に入っても大丈夫な食物性のオイルを使用。
スイートアーモンドオイルやオリーブオイルなど。(事前にパッチテストを行います)

又は、カレンデュラオイルがお勧め
乾燥したマリーゴールドの花びらを安全なオイルで抽出したカレンデュラオイルは皮膚を保護し、潤いを維持して肌をすこやかに保ちます。

親指にオイルを付け、膣内に3~5センチ挿入し、4時~8時の方向を5分から10分マッサージします。

行いやすい、楽な姿勢を探して下さい。

抵抗があるなら、会陰にオイル+おりものシート+ショーツの上からマッサージをする。それだけでもよいので、続けてみてください。

効果を得るためのは、続けること。

皮膚を伸ばし、会陰まわりを柔軟にしておきましょう。

マッサージを行ったからといって、絶対に会陰損傷が生じないわけではありませんので、ご注意を!

★mymeのインスタグラムはこちら
ID: myme_yogastudio


ご予約はこちらから。
http://kayabacho-yoga.com/


レッスンご参加までの流れは、こちらをご参考ください!
http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html


#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ

こんにちは!
毎週金曜11:00〜/土曜14:00〜(不定期)に
→マタニティヨガ
毎週月曜14:00〜
→マタニティ・ベーシック
を担当しているRemiです。

今の日本では「ヨガ」というと
スポーツジムでも大人気なこともあり、
呼吸をしながらストレッチ!というような
運動をメインに考えている」方が多くいらっしゃいます。
でも、体を動かすヨガのことを「アーサナ(体位・坐法)」といい、
アーサナは本来のヨガの知識のほんの一部にすぎません。
瞑想をするときに不快がない体づくりが
アーサナの目的とも言われるほどです。

では、なぜ私たちはアーサナを練習するのでしょうか?

先日、産後の生徒さんが初めてヨガをした時に
「身体を伸ばすってこんなに気持ちいいんだって感じた」
と話してくださいました。

まさにそれなんです!

私たちは身体を伸ばしたり開いたりすることによって
自分の体のことを知ることができます。
そして凝りやすい部分や開きにくい場所には
自分の考え方や感情が関わっているとも言われています。
もちろん、日常生活での身体の使い方もありますが、
例えば、
几帳面で心配性な人は肩が凝りやすかったり、
お金の不安を抱えていると腰痛が起きやすかったり、、、
と、心と身体はつながっているのです。

またアーサナを続けていく過程で、
硬い身体を開こうとしたり、身体に負荷がかかったりした時に
心がどう感じているのかを知ることで
物事の受け取り方のくせにも気づくことができます。

ヨガを練習する目的は人それぞれ。
でも、ただ身体を動かすだけでなく、
もう少し意識を深めるだけで得られるものはたくさんあります。
練習をぜひ楽しんで、少しずつ深めっていってくださいね。

ブログ画像
#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ #妊活 #不妊治療 #プレコンセプションケア

↑このページのトップヘ