雨が続いていますね。
暑い日が続いたと思ったら急に雨続きで体調管理も一苦労です。

なんだかお散歩もしづらいし、積極的に動こう!という気持ちも起きづらいときこそ、屋内ですっきりできるヨガはいかがでしょうか?
当日予約もできますので、急に「やろう!」と思い立ったときでもご参加いただけます♪
雨に日には雨の日に合った、体にたまった湿気を流しやすいヨガの流れがあります。

憂鬱な雨の日も、ちょっと見る角度を変えれば良い一日になる。
自分の思い込みや色眼鏡を外してみれば、見え方が180°違うものになるよ、というヨガの考えがあります。
雨でたくさんの水分を吸収したせいか、近所のつつじが急に元気になって、一気に花の数が増えてとっても華やかでした。
みなさんも、ヨガで憂鬱な雨の日を、すっきり充実の一日に変えてみませんか?

ご予約、お待ちしています!

春のジグザグ天気から、一気に気温上昇。

ここ数日初夏の陽気となっていますね。



急な気温の変化に、身体が追いついていかないなぁ、と感じる方もいらっしゃるかと思います。

倦怠感、眠気やだるさが出ていたら、それは春の季節変化に、素直に自分の身体が応えているんだ、と受け止めてあげて下さい。



受け止めたら、、解消したいですよね!


ご自宅のリラックスタイムにすぐ出来るポーズがあります。


チャイルドポーズです。



◯チャイルドポーズ

・ご自分の前に大きなクッション、または枕を準備します。


・そのクッションや枕の前に正座で座ります。

足先が真っ直ぐ後ろ側を向くように。

そのままでも構いませんが、お尻の下にクッションを置くと、足も楽ですね。



・クッションを抱えてうつ伏せになります。

一旦眉間をクッションの真ん中について、背骨を整えてから、顔は左右好きな方を向いて、頬をクッションに埋めてあげて下さい。

まぶたを閉じて、力を抜いていきます。。。



どうですか?出来ましたか?!



ちなみに。。

1歳3ヶ月になる我が子は、疲れた夜は、このチャイルドポーズで寝ています。誰が教えたわけでもないので、最初に見た時はビックリ!しました(笑)

子どもは本能で、自分を癒す方法を身につけているんですね。



スタジオでは、春に変化の出やすい骨盤周辺を整えるポーズを行い、程よい刺激が身体に入ったあとにこのチャイルドポーズなど、癒しのポーズを行います。

また、ボルスターという、ヨガのポーズを行う時に使う専用のクッションを使うことで、よりリラックスの効果を高めることが出来ます。



春の身体だな~、と感じたら、

ボルスターに癒されにいらして下さいね。




インストラクターのMaiです。すっかり暖かくなり、過ごしやすいお天気になりましたね
みなさん、衣替えはしましたか?

私も先週からちょこちょこと始め、最後の1箱入れ替え終えました。その時にまぁ、何足もあるモコモコ靴下に、なんでこんなに増えたんだろう・・・なんて思い返すと、妊娠中の冷え対策で買い集めたのを思い出しました。

女性なら1足はお持ちのモコモコ靴下、もしくはレッグウォーマーですが、これは妊娠中とお産には必須アイテムですので、妊娠中やこれからお産を控えている方は、そのまましまわないでくださいね。
私の出産した病院では、持ち物リストにレッグウォーマーがありました!
お産中、暑くて布団剥ぐと助産師さんに「赤ちゃんは寒いと出てこないから、お布団かけといてくださいね」となんども言われ、汗だくになりながらお布団の中にいたのを覚えています。(笑)

昭和生まれの私は、子どものころに見かけた妊娠中の服装と言えば、お腹を隠すロングワンピースのイメージ。
でもここ最近は、レギンス1枚にシャツのスタイルの方が圧倒的に多いかと思います。
お腹周りだけでなく足首、足先の冷え対策もぜひやってみてください。

末端で冷えた血液は体の中心、つまりお腹をとおり心臓へと戻ります。赤ちゃんは、冷えを感じると寒いな~と方向転換します(いわゆる逆子)
レギンス履いていても、ちょこっと出ている足首や裸足にサンダルは冷えのもととなります。

私は昨年の夏、夫とクーラーの設定温度でリモコン争奪戦でした!(笑)
クーラーの当たる向きやいろいろ調節してもお互いの心地よい環境が作れず、毎晩リビングに布団を移動させ、夫婦別室で寝ていました

妊娠中、いろいろ気を付けることたくさんあるかと思いますが、それも10か月間の思い出。
10か月長いなと思いますが、お産し育児になると、ほんとあっという間だったなと赤ちゃんお腹にいたなんて、なんだか不思議で愛おしい期間です。

インストラクターは妊娠、出産経験者ばかりなので、ヨガのポーズだけでなく、何か不安なこと、気になることあれば、お気軽にお話くださいね。

↑このページのトップヘ