こんばんは、月曜ベーシック担当 maiです。
だいぶ暖かくなってきましたが、昨日、今日と深々と雨が降り、寒さも戻ってきましたね

今回は、前回のつづきで、呼吸と自律神経の関係についてです。

自律神経には、交感神経(運動時、興奮状態)副交感神経(休憩、リラックス)の2つあります。

交感神経が優位なときは、呼吸は浅く、速くなります。
運動時やイライラっといたときなど呼吸が荒くなりますね。

副交感神経が優位なときは、呼吸は深く、ゆっくりになります。
お風呂に入っているときや、眠りにつくときなど、ゆっくり深い呼吸になります。

ここまで自律神経の働きによって、呼吸が変化をすることをお話してきましたが、
ここからがポイント!!

呼吸は私たちが意識して調節できることです!
なので、呼吸を意識して行うことで、自律神経へと働きかけてくれます。
よく緊張している時に深呼吸を意識して行うのも、理にかなっていて、
交感神経から副交感神経へ働きかけて、リラックスできるように調整しています。

あとは、溜息は良いリラックス方法の一つです。
よく、溜息つくと幸せが逃げるよ...なんて聞きますが
吸う息は交感神経を刺激し、吐く息は副交感神経を刺激します。


ヨガでは、呼吸法のことをプラーナヤーマを言います。
いろいろな呼吸法がありますので、何があるのか気になる方、実際やってみたい方、
ぜひレッスンの時にお伝えください