みなさんこんにちは!
火曜日10:30産後ヨガ、12:00マタニティヨガ各クラスを担当しています、Yukariです。

今日は妊娠中のカフェイン摂取についてのお話しです。
妊娠中はカフェイン摂取を控えているという方が多いかと思います。
実際のところ、どんな影響があるのか、どのくらいまでなら摂取可能なのか、、厚生労働省のホームページに記載されているのは以下のような内容です。

(厚生労働省HPより、抜粋)
 カフェインを過剰に摂取した場合には、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気等の健康被害をもたらすことがあります。
 このため、食品からのカフェインの摂取に関しては、国際機関などにおいて注意喚起等がなされています。例えば、世界保健機関(WHO)は、2001年にカフェインの胎児への影響はまだ確定はしていないとしつつも、お茶、ココア、コーラタイプの飲料はほぼ同程度のカフェインを含んでおり、またコーヒーはその約2倍のカフェインを含んでいることから、妊婦に対し、コーヒーを1日3から4杯までにすることを呼びかけています。 また、英国食品基準庁(FSA)では、2008年に妊婦がカフェインを取り過ぎることにより、出生時が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性があるとして、妊娠した女性に対して、1日当たりのカフェイン摂取量を、WHOよりも厳しい200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するよう求めています。
(以下、略)

胎児への影響が明確なわけではないのですが、低体重や将来の健康リスクが高くなる可能性があるということで、摂取量を控えましょう、と書いてありますね。WHOの基準通り、1日3~4杯までのコーヒーの摂取が可能なら、そんなに神経質にならなくてもいいのかもしれません。

とはいえ、やはりコーヒーやお茶を飲むことに不安を感じてしまう、というママは、カフェインレスコーヒーを上手に利用されてみて下さい。
日本では、まだ限られたお店での提供ですか、カフェインレスコーヒーを取扱うお店は、最近増えてきましたよね。
上手にカフェインレスコーヒーを活用して、リフレッシュして下さいね。
7401B012-32F8-47A6-98E1-8F7A331AAEAA

中央区#茅場町#ピラティス#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ##子連れ#産後ヨガ#子連れピラティス#mymeスタジオ#医療機関連携#癒し#カフェインレス

レッスンご参加までの流れは、こちらをご覧ください

http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html