こんにちは!
mymeのインストラクターRemiです!

ヨガ哲学の入門、はじまりとして

ヨガの2大聖典のうちのひとつ「ヨーガ・スートラ」に出てくる、
「ヨガ八支則(はっしそく)」について今日はご紹介します。

ヨガ哲学の基本的な教えであり、
8つの段階別に「心」のあり方について説かれています。
1_ヤマ:禁戒

2_ニヤマ:勧戒

3_アーサナ:坐法

4_プラーナヤーマ:調気

5_プラティヤハーラ:制感

6_ダーラナー:集中

7_ディヤーナ:瞑想

8_サマーディ:三昧


最初の2つ、
ヤマ(禁戒:してはいけないこと)、二ヤマ(勧戒:したほうがいいこと)
は、ヨガ哲学がどうこうではなく、人間として生きていく上で基本的な内容。
一見、当たり前のことに感じられるかもしれませんが、
自分の行動や思考にあてはめてみると、
毎日、継続的に実践できているかは、、、微妙なところ。

ぜひ、文字としての知識ではなく
自分の実生活の中でどうか、と考えながら
読み進めてもらえたら嬉しいです(^ ^)
今回はヤマの前半2つについて解説します。



<<ヤマ(Yama)/禁戒>>
日常生活で行なわないほうがいいことつ。 

1_アヒムサ(Ahimsa)/非暴力、不殺生

 暴力というと「手をあげること」だけのようにも感じられますが、言葉や思考も含まれます。 
 その行動、言葉に傷つく人はいないでしょうか?

 また他者へ対してだけではなく、自分自身に対する暴力も含まれます。
 本当の自分の意に反した行動や発言していませんか?頑張りすぎていませんか??
 そう考えると、1つ目からなかなか難しい。。。
 そして暴力の延長に殺生があります。
 日常生活だと、虫くらいしか殺生することはない、、、?と思いきや、
 今目の前にある「食べ物」はどうでしょうか。「食べ物」となるまでにどういう経験をしてやってここまできたのか。
 毎日、何をどう食べるのかも意識的になることが大事です。




2_サティヤ(Satya)/嘘をつかないこと

正直に、嘘をつかないことって実は難しいですよね。

 自分にも他者にも嘘をつかずに、誠実でいるためには、
 頭の中の考えと、表に出てくる言動を一致させることが普段から必要になってきます。
 しかし、まわりの人とうまく関係性を維持するために、
 自分の意に反して我慢してしまうなんてこと大人になるとたくさんありますよね。
 でも、それで苦しければ1のアヒムサになってしまいます。
 自分にいつでも正直に生き、心が穏やかな状態であれば、嘘も遠い存在になっていきます。
 
また、他者を傷つけるのであれば、それも1のアヒムサに反するので
 真実であっても言わない(嘘も言わない)ことも考えられます。



最初のたった2つでも、本当に奥が深い、、、
ちなみに体を動かす「アーサナ」についてはもっと後に出てきます。
アーサナの前に、整えておきたい心の準備が実はたくさん。。。
まずは最初の基本の心得を実践したいものです。


次のBlogで、また続きを解説していきますね。
毎日の積み重ねが自分を作り上げます。
今日できなくても、明日また始めたらいいんです!!

またスタジオでお会いできるのを楽しみにしています!

ご予約はこちらから。




#myme #中央区#茅場町#yoga #ヨガ #ピラティス #肩こり #骨盤調整 #リラックス #デトックス #ストレッチ #女性専用 #少人数クラス #マタニティ #産後 #子連れ #マタニティヨガ #産後ヨガ #産後ピラティス #子連れヨガ #ヨガ哲学 #ヨガ哲学入門 #ヨガスートラ #ヤマ #アヒムサ #
サティヤ #ヨガ動画配信中