IMG_D4220C856258-1


こんにちは! mymeのインストラクターRemiです! 前回に続き、ヨガ哲学の入門 「ヨガ八支則(はっしそく)」についてご紹介します。 おさらい、、、 ヨガ哲学の基本的な教えが8つの段階別に「心」のあり方について説かれています。 1_ヤマ:禁戒 2_ニヤマ:勧戒 3_アーサナ:坐法 4_プラーナヤーマ:調気 5_プラティヤハーラ:制感 6_ダーラナー:集中 7_ディヤーナ:瞑想 8_サマーディ:三昧 今回はヤマの後半3つについて解説します。 繰り返しになりますが、 ぜひ、文字としての知識ではなく 自分の実生活の中でどうか、と考えながら 読み進めてもらえたら嬉しいです(^ ^) <<ヤマ(Yama)/禁戒>> 日常生活で行なわないほうがいいこと5つ。  ①アヒムサ(Ahimsa)/非暴力、不殺生 ②サティヤ(Satya)/嘘をつかないこと ※ 前回の解説はこちら http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/23049024.html ③アスティヤ(Asteya)/不盗   モノを盗まないこと。。。   いや、私、泥棒じゃないですよ!!って思ったそこのあなた〜!!(私も〜)  物質的な目の前に存在するモノだけではなく、  他人の時間、信頼、利益など幅広い意味が含まれます。  待ち合わせの時間に遅刻する、人の話を聞かないで自分が話し始めることも  他人の時間を盗んでいることになります。   大小問わず、自分のモノが、自分だけが良ければいい、という想い自体がアスティヤに。   携帯電話が普及して、連絡すればいいかと、  待ち合わせに遅れる罪悪感が薄くなってしまったし、   自分のやりたいこと、願いごとを叶えようと躍起になると周りが見えなくなったり、、、   何事にも意識的でいることが大切だ、とこれでも説かれています。 ④ブラフマチャリヤ(Brahmacharya)/禁欲  もともとは禁欲、つまり一生独身を貫くことという教えですが、  今の時代で考えると、あれがしたい、これがしたいという  たくさんの欲求を満たすことに忙しくならないこと、  エネルギーの無駄使いをしない、ということになります。  どうしても、何が何でもこうしたい!という欲求があっても、   欲求が満たされると、また次の欲求が生まれていきます。  その「欲しい」「やりたい」は本当に必要なのか?ちゃんと見極めて、  自分自身の持っている才能や時間、エネルギーを正しい方向へ使うことという解釈ができます。 ⑤アパリグラハ(Aparigraha)/不貪  貪欲さをなくし、物欲や所有欲を捨てることを指します。  欲望があると、そこには執着が出てきて、それを失うことへの恐れや他者への怒りと嫉妬を生みます。  アパリグラハの実践は、  目に見える物質世界に縛られず、自分の内側に満足感を感じること。  自分が何を持っているかではなく、自分が何者なのかに重点を置く。  ちなみに私は、過去にこれを持ってたら暮らしが素敵になるかも〜!   って買い漁ったキッチングッズや生活雑貨が家にどっさり。。。  7月の連休でひたすら断捨離をしていました。  今思えば、数年前のその所有欲は自分自身の自信のなさや  内側を見つめることより外側のモノで、  「幸せになれるかも?」という足りないと思い込んでいたモノを埋めようとしていた気がします。 次のBlogでは2の二ヤマを解説していきます。 毎日の積み重ねが自分を作り上げます。 今日できなくても、明日また始めたらいいんです!! またスタジオでお会いできるのを楽しみにしています! ご予約はこちらから。 http://kayabacho-yoga.com/ #myme #中央区#茅場町#yoga #ヨガ #ピラティス #肩こり #骨盤調整 #リラックス #デトックス #ストレッチ #女性専用 #少人数クラス #マタニティ #産後 #子連れ #マタニティヨガ #産後ヨガ #産後ピラティス #子連れヨガ #ヨガ哲学 #ヨガ哲学入門 #ヨガスートラ #ヤマ #アヒムサ #サティヤ #ヨガ動画配信中