そういえば。
生徒さんに食事のことをほんとによく聞かれます。
ヨガの前や後の食事のことはもちろん、普段からの食事にもアドバイスを求められます。

実際に食のことって皆さんに一番身近にあり、生きてから死ぬまでずっと食べることって続いていきますよね。だからきっと興味があるんだと思います。

現代は食べることに困る人はほぼいないと言われる飽食の時代。
食べたいものを簡単に手に入れられる。しかもこれがいいと言われるダイエット法や健康食品やサプリメント・・・〇〇を食べれば健康になる!◯〇を食べれば痩せる!
数え上げればきりがありません、情報も錯綜しています。

私はというと・・。
実は食生活にはあえてあまり決まりごとは作っていません。
食べたいときに食べたいものを食べます。
これは絶対食べない、とかそういう固定観念もありません。お肉も適量に食べますし、嗜好品といわれるお酒(大好き!)、お菓子なんかも普通に口にします。
ヨガの先生っぽくないと思われるかもしれませんが。

子供たちがまだ小さくてヨガを始めた頃、ヨギのみんながそうするベジタリアン=お肉を食べない時期がありました。
その時家での夕飯の時に、テーブルに並んでいるのにお肉を食べない私を見て、子供たちが「ママ食べないの?」と質問してきました。説明はしたものの、自分の中で母親の私が子供達と同じものをということになんだか違和感を感じました。
食べるものにこだわりを持つこと、固執してこれは食べない、と決めてしまうことより、なんでも美味しく味わいながら親しい人とそのおいしさを共有して、そして感謝して食べることの方が心と体にいいことと信じています。

今日もヨガで体調を調えて・・
美味しいものを感謝して味わって食べます。

今日も美味しく食べられることに・・感謝。