茅場町女性ヨガスタジオmyme

茅場町女性ヨガスタジオmymeの公式ブログです。 インストラクターがヨガや生活のことを綴っています。

カテゴリ: 食べること

こんにちは!
mymeのインストラクターRemiです!

我が家は基本、
農家さんから直接お野菜を買っているのですが
6年ほどお世話になってた農家さんが
昨年末で個人への宅配をやめることになり、
今年に入ってからちょこちょこ
いろんな農家さんを探して宅配を試しています。

現在はハウス栽培などで
1年中を通して野菜や果物が流通しやすくなりました。
それでもやはり、旬のものには栄養素も多く、
見た目も生き生きして見えます。
農家さんからお任せで送られてくる
野菜たちはどれも季節のものばかり!
(たまに夏は葉物だらけ、冬は根菜だらけにもなりますが・苦笑)
そして、なかなか一般には出回らない珍しい野菜も届きます。
その野菜についてや食べ方を調べるのも楽しいものです。

先日はヤングコーンをまとめて購入しました。
IMG_5068
葉っぱの緑色が本当にキレイですね。
焼くだけでもとっても美味しい

4月から子どもと散歩する時間が長く、
公園の植物の移り変わりも今まで以上に感じます。
紫陽花の季節がやってきましたね。

そういったちょっとした変化に気づくことを
自分の心や体にも体感するのがヨガなのかなと改めて感じます。

少しずつですが、
またスタジオで皆さんにお会いできるのを楽しみにしています


<6月のプライベートレッスンについて>
電話にて予約を承っています。
03-5614-0188
詳しいスケジュールなどはこちらをご確認ください。
http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/22664785.html



#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ #妊活 #不妊治療 #出産 #免疫UP #プレコンセプションケア #子どもと在宅勤務 #stayhome #お家でヨガ #お家で過ごそう #お家時間

みなさんこんにちは。
火曜日10:30産後ヨガwith beby、12:00マタニティヨガを担当していますYukariです。

本年もどうぞよろしくお願い致します!

年末年始、いかがお過ごしでしたでしょうか?
お正月も本日まで、今日は七草粥の日ですね。

七草粥を頂く習慣は、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、この日に七草粥を食べることで、新年の無病息災を願うようになったことが起源とされているようです。

こちらは七草はぜんぜん入っていない、梅粥ですが、、(笑
DBF85A36-78B6-4E37-A85B-8AA5AA90B5FE

今朝は私もお粥を頂きました。
自身の妊娠安定期もそろそろ終わりに近づき、お腹がだいぶ大きくなってきたことで胃を圧迫しているようで、食道も短くなり、さっぱりしたものを身体が欲しています。
同じ妊娠でも、第1子の時とはぜんぜん違うものです。
いろんな妊娠体験が出来ることは、私にとってはとてもありがたいことです。今後のマタニティや産後クラスで生かして、クラスみんなでシェアしていきたいです。

ちなみに、、
お昼は七草粥を頂きました!(笑)
CF9BD6B1-1EC3-439F-ACB7-F2EED4C66BBF


本来の七草粥には、以下のような春の七草が使われます。

春の七草
セリ ナズナ ゴギョウ(ハハコグサ) ハコベラ ホトケノザ スズナ(カブ) スズシロ(ダイコン)

離乳食でお粥を作っていらっしゃるママ、今日はベビちゃんだけでなく、家族みんなでお粥、いかがでしょうか?
マタニティさんの前期後期つわりの方にも食べやすいですよ。

季節を感じて身体を労わり、、
明日からの元気にしましょう!!

またクラスでお会い出来るのを楽しみにしています!

#中央区#茅場町#ピラティス#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#産後ヨガ#mymeスタジオ#医療機関連携#癒し#茅場町女性鍼灸院#つわり#妊娠#凝り解消#育児#赤ちゃんと一緒#七草粥#胃腸養生

レッスンご参加までの流れは、こちらをご覧ください

http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html

セロトニンヨガのTabtabです。

今、私はヨガのお仕事だけ行っていますが、以前はスイミングのコーチをしたりと掛け持ちでした。

入水してると結構冷えるんですよね~。

レッスンを受けてる側は、代謝があがって、お水の中で程よく汗をかいていると思います。

、、、が、私はブルブル。

なので「ショウガ湯」や「ショウガくず湯」を持って行き、ちょこちょこ口にしていました。

ショウガは体に良いことは、皆さんもご存知ですょね。

しか~し!「過ぎたるは及ばざるが如し」

逆に、体を冷やす事にもなるんですょ。

ショウガの辛味成分には、揮発性と不揮発性の2種類があります。

生のショウガは揮発性。


一気に汗が出るほど、体をあたためてくれます。

そして、体の余分な熱を取ったり、いらない水分を排出してくれる作用があります。

でも、発汗によって熱が奪われるので「冷え性」の方は、生のショウガには注意が必要です。


生で使うなら火を通すと良いですょ。

2つ目は、生のショウガを乾燥させたもの。


乾姜(かんきょう)といって、生薬にも使われます。

干すことで不揮発性になるので、体をじんわりと芯からあたためます。

他に、胃腸の調子を整えたり、血行改善効果もあります。

生と乾燥。

上手に使い分けられると良いですね。

体をじんわり芯からあたためるのは「乾燥」ですょ。

乾燥ショウガは、自宅で作れちゃいます。

・皮を剥いて薄切りに

・盆ザルや網に並べて、2~3日風通しの良いところへ置いておきます。

それだけ。

紅茶に入れたり、ハチミツショウガ湯にしたりと、色々工夫して、ぽかぽかの冬をお過ごし下さいね。


はじめまして!

10月より毎週月曜日18:30~ ベーシックヨガを担当しております
インストラクターのAkkoです。

ベーシックヨガでは、身体感覚、呼吸法をヨガのポーズを通して身に付けていきます。
基礎を丁寧に学んでいくクラスです。
・・・こうして文字にすると、
なんだか難しそうだなあ。
私にできるかな?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、
私のモットーは、真面目に楽しく!ですので(*^^)
みなさまに寄り添いながら、よい1週間のスタートをきれるようなクラスを提供していきたいなあと
思っております。
どうぞよろしくお願いいたします!


さて、先日生徒さんから手作りの柚子ジャムをいただきました。
秋から冬に向けて旬を迎える柚子。
ビタミンCが豊富なイメージですよね。
実は果実よりも果皮により多く含まれている事はご存じでしたか?
抗酸化作用も高い柚子。丸ごといただける柚子ジャムは、これからの時期に大活躍!
お気に入りはお湯で割った柚子茶です。体がぽかぽか温まりますし、手作りのものをいただくことは心の栄養にもなります。

慌ただしい季節になりますが、こういう時期こそご自身がほっとする時間をぜひ作ってあげて下さいね。

レッスンご参加までの流れは、こちらをご参考ください!
http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html

ご予約はこちらから。
http://kayabacho-yoga.com/

#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ

こんにちは!

毎週金曜11:00~/土曜14:00~(不定期)に

マタニティヨガ

毎週月曜14:00

マタニティ・ベーシック

を担当しているRemiです。


またまた私がハマっている

茅場町のイマノフルーツさんのご紹介です!


フルーツサンドや生フルーツジュースの他、

お昼時にはトルティーヤセットにお世話になっています。

<セット内容>

・野菜たっぷりトルティーヤ

・野菜たっぷりあったかスープ

・季節のカットフルーツ

勝手に私がメニューに名前つけました(笑)


IMG_1956


スープは日替わりなのか、
毎日2種類から選べて、

どちらも季節の野菜がたっぷり。

冷えた身体にあったかいスープがとってもしみて、

外食で不足しがちな野菜も、

そしてフルーツもいただけるので嬉しいセットです!


カフェだと、

トルティーヤやサンドウィッチだけ、

スープだけとなりがちですが、

3つ付いて700円(税込)と値段もお手頃です。

ランチの時間帯過ぎるとなくなっていることもあるので

気になる方はお昼の時間帯にぜひ★



ご予約はこちらから。
http://kayabacho-yoga.com/#

レッスンご参加までの流れは、こちらをご参考ください!
http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html

中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ

↑このページのトップヘ