カテゴリ: 呼吸


セロトニンヨガのtabtabです。

普段の生活の中で、何気なくしている呼吸に意識を向ける事はありますか?

「あ!呼吸していなかった!」と感じたり
「こんなに浅い呼吸をしていたのか!」と、気づく。

(気づかないでいること、多いですよね)

まず「気づく」ことが大切です。
気づけば、変えられます。

深い呼吸が大事!と、よく聞くと思いますが、では、なぜ深い呼吸が大切なのでしょう。

理由は色々とありますが、ここではマタニティさんへ向けて書いていきますね。

「呼吸」は「呼く(吐く)」から始めます。
汚れた空気を吐き出すところから、、デス!

それから、新たに新鮮な空気を鼻から吸いこんで、今度は細く長くゆっくりと鼻から(口から)吐いて行きます。

吸った時ににお腹がぷくぅ~っと膨れたり、へこんだり。

この、お腹を膨らませる腹式呼吸を行うと、脳をはじめ全身の血管がひろがり、血流が良くなります。

腹式呼吸は、副交感神経がup。
全身の筋肉が緩まり、子宮の筋肉も柔らかくなる。分娩時は子宮口が開きやすくなります。

また、陣痛の痛さや不安からの興奮時には、腹式呼吸をすることで過換気状態から速やかに抜け出せるようになります。

そして、母子の体のすみずみに酸素や栄養が届きやすくなるのです。

出産は「痛いかも!」「怖い!」と、思った瞬間、体に力が入り、血管を収縮してしまいます。
赤ちゃんが「つるん!」と出られるように、是非「呼吸法」を体に馴染ませておいて下さいね。

出産時に役立つ呼吸法の色々を、レッスン内でお伝えしていますので、お気軽にレッスンにご参加下さいね。

お待ちしております。

★mymeのインスタグラムはこちら
ID: myme_yogastudio

#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ #妊活 #不妊治療 #出産 #免疫UP #プレコンセプションケア #プレコンセプション


セロトニンヨガのTabtabです。

合掌の手の形をヨガでは「アンジャリムドラー」と云います。
ムドラーとは「印」の事で、このアンジャリムドラーを組むと自然と心が落ち着き、素の自分でいることが出来るでしょう。

そして、握りしめていたモノ「こうでなければ!」「こうあるべき!」などの思い込みや、自分や他人を傷つける「怒り」「刺のある感情」を一度手から離す。
手放さないと、このムドラーを組むことが出来ないのです。

たとえ出来ても、それは形だけ、、心から感謝のムドラーを組むことは出来ません。

右手と左手は、相反するものの象徴とされています。
清浄と不浄、陰と陽、男性と女性、自分と他者、梵と我など、相反するものが1つとなり、1つになって成功し、1つになって大きな安らぎがもたらされます。

ヨガの挨拶「ナマステ」は、執着、煩悩から解き放たれ、自分と世界に平安をもたらすムドラーなのです。

心から、感謝のアンジャリムドラーを組んでいる時、心は平和で清らかです。


ご予約はこちらから。
http://kayabacho-yoga.com/#

レッスンご参加までの流れは、こちらをご参考ください!
http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html

中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ#アンジャリムドラー

いつもブログを読んで下さり、ありがとうございます。

火曜日10:30産後ヨガクラス、12:00マタニティヨガを担当しています、Yukariです。

たくさんの爪痕を残して去っていった大型台風19号。
被害に遭われた方々に、心からお見舞いを申し上げます。

先週、私は家族で遅めの夏休みで地方へ出かけており、12日土曜日に帰京予定でしたが、フライトが全て欠航となり、足止めとなり。。
本日12:00マタニティヨガのクラス、代行の犬塚先生にお世話になりました。みなさまご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
数日遅れで、やっと帰って来ました。
大変お騒がせ致しました。

大きな気圧の変化、心理的な不安など、大きな自然災害の後は、心身ともに乱れや疲れが出やすい時です。
季節は秋から冬への移り変わり、気温もぐっと下がって来ましたね。

こんな時は、呼吸にフォーカスするのがオススメです。

鼻は、人が持つ天然フィルター
鼻からの呼吸法を行うことで、外気は鼻腔で温められ、肺へと届けられます。
クラスでもよく行う、ディルガプラナヤーマはもちろん、これからの季節はウジャイ呼吸法なども効果的です。

クラスに参加して、呼吸法を取ってみたら、窮屈に感じたり、違和感を感じたら無理しないで、自分のペースで自然呼吸や深呼吸をしてみて下さいね。

また、呼吸と同じペースで、ゆったりとした揺らぎを伴うヨガのポーズなどは、自律神経の乱れを整えてくれる効果があります。
合わせて行ってあげると、心身ともに穏やかになれますよ。

吐く呼吸とともにいろんなものも手放して。
ぜひリフレッシュにいらして下さい。
FDAD3161-8761-45EA-8D1A-0D92236D3137


中央区#茅場町#ピラティス#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#産後ヨガ#子連れピラティス#mymeスタジオ#医療機関連携#女性サポート#美容鍼#癒し#茅場町女性鍼灸院#呼吸#穏やか#リフレッシュ

レッスンご参加までの流れは、こちらをご覧ください


http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html


この世に命を授かってからその命が終わるまで…休みなく繰り返されている呼吸。 この呼吸、実は1日に約3万回もの数。 途切れることなく繰り返されています。 その1日3万回もの呼吸のうち、何回の呼吸に意識を向けていますか? 呼吸は無意識であっても、自然に吸う息と吐く息が繰り返されていますが、現代人の忙しい毎日の中で、心も体は呼吸以外の他のことに意識=外側に向いています。 運動しているとき。 有酸素運動中、心拍数が上がるとき。 身体はたくさんの酸素を体の中へと取り込もうとして弾むような呼吸へと切り替わります。 そして感情的な変化とも呼吸は深く関係していて、気持ちが落ち込んだ時などは一時的にその呼吸は止まっていたりすることもあります。 例えば、悩み事などがあるときにハー…っとため息が出た経験はみなさんあるかと思います。 このように心の状態に影響を受けやすい呼吸ですが、もうひとつ呼吸が浅くなる要因のひとつにアンバランスな姿勢があります。 立ち姿勢がすでに猫背の方も多々お見かけしますが、それ以上に悪影響なのがスマートフォンとパソコン。 椅子に腰掛け背中を丸め、頭が前に垂れ下がるかのよう。そして足まで組んでいる。 腹筋も背筋も働かない、骨盤は後傾し、自然ととってしまうこの時の楽な姿勢。 これは姿勢を悪くするだけでなく、体の歪み、アンバランスを引き起こすだけでなく、胸からお腹にかけ小さく狭くなるため内臓の働きが低下し呼吸は必然的に浅くなってしまいます。 立ち姿勢でも、または椅子に座っていても良いので1度深く息を吸ってみてください。胸も背中も広げるように出来るだけ深く吸って… 広がったところからゆっくり全部吐ききるところまで吐く。 …自然と姿勢が良くなりませんか? そう、呼吸と姿勢は深い関係にあるのです。 呼吸を深め、正しい姿勢を作る。 慣れてきたら正しい姿勢から、体の隅々まで順番に伸ばしながら呼吸を積み重ねていきます。 これがヨガです。 呼吸と姿勢を整えてみませんか? そうすると心と体の状態も整ってきます。 伸びてて気持ちいい…ヨガではそんな感覚を積み重ねていきます。無理はしません。 本日は雪がちらつきましたが… 今日もマットでお待ちしております。 ナマステ、合掌。

↑このページのトップヘ