カテゴリ: Tabtab

こんにちは、セロトニンヨガのtabtabです。

初めてヨガをなさる方からよく聞かれる言葉は「硬くても大丈夫ですか?」
もちろん大丈夫です!むしろ!硬い方が「伸び代」が有って楽しい!

心配なさらず、新しいことにチャレンジしてくださいね。
では、ヨガと、ピラティスなどの健康体操、スポーツとの違いってなんでしょう?

ヨガは精神性。ピラティス等は身体性にアプローチしていきます。

実は、ヨガには「哲学」が含まれます。
どのように生きるか。体を整え心を整え、自身の中から答え(気づき)を探ります。

ヨガは、5千年の歴史があるともいわれる中、ヨガに対する解釈は幅広く、何が善くて何が悪いか、もありません。

だから、ちょっと自己主張させてください!

私の中では、呼吸を通して己の心の中に精神性をみい出せるなら、方法は違うものでも良いと思っています。ピラティス、ウォーキング、水泳、バレエ、、etc

ただね、これらの運動だけでは、精神性を見出だす方法が分からない、、、。

だから、「ヨガ」でその方法を身につけて欲しいのです。
「ヨガ」は、丁寧にその方法を教えてくれます。

深い呼吸と哲学を通して、じっくり実感として分かれば、どんなスポーツをしていても「よりよく生きる」がわかると思います。

驚異的な自然災害、新型コロナの猛威。

今、私達の「生き方」を見直す時期が来ています。
ヨガを通して、お一人お一人が「より良く生きる」を哲学しましょ。

★mymeのインスタグラムはこちら
ID: myme_yogastudio

ご予約はこちらから。
http://kayabacho-yoga.com/

#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ #妊活 #不妊治療#ピラティス#産後ピラティス#プレコンセプションケア

こんにちは、セロトニンヨガのtabtabです。

この仕事をしていると「ぎっくり腰」の話をよく聞きます。

私は、ぎっくり腰になったことが無いのでなんとも言えないのですが「激痛」という体験は、さぞかしお辛いことと思います。

「魔女の一撃なんて俗称もあるようですね。

医学的には「急性腰痛症」の1つで、暫く(1~2週間)安静にしていれば治るけれど、再発しやすいと言われています。

これは、仙腸関節(骨盤の後壁を作る三角の仙骨と骨盤の腸骨が作る関節)のオーバーモビリティ(可動性を越える動かしすぎ)から起こるといわれたり、


前屈みで重たいものを持ち上げる時や素早く動いた時に、腰背部の筋肉の微細な肉離れ、あるいは背骨を繋ぎとめている椎間関節の捻挫とも言われていて、結局の所、詳しい原因は未だよくわかっていません。

この腰回りを引き締めて、筋肉のコルセットをつけていくと、ぎっくり腰の予防になります。

具体的には、骨盤底筋群、腹横筋、多列筋といったインナーマッスルを鍛え腰回りの安定性を高めるのが有効となります。

また、ぎっくり腰の初期の炎症や痛みは、鍼灸治療が有効。

炎症が収まったら、少しずつヨガで骨盤回り、体幹の筋力アップを行ってみてはいかがでしょう。


いつまでも安静にしているより、できる範囲で体を動かすことが腰痛対策の常識になりつつあります。一緒に体を動かしましょう!

(※医師の承諾を得てから、レッスンにご参加下さい)

★mymeのインスタグラムはこちら
ID: myme_yogastudio

ご予約はこちらから。
http://kayabacho-yoga.com/

#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ #妊活 #不妊治療#ピラティス#産後ピラティス#プレコンセプションケア

妊娠中の運動って、どんなことをすれば良いの?と、思う方も多いのではないでしょうか。

有酸素運動は、フィジカルフィットネス(筋力、持久性、柔軟性などの基本的な身体能力)が維持、改善され、また、ストレッチなどの運動療法では、妊娠中の腰痛を減らす効果も認められています。

1970年以降は、海に潜る「海女さん」が安産であることから、マタニティスイミングが普及。その後、エアロビクスやヨガなど、マタニティライフを支援するクラスが増えました。

(私自身は、スイミングインストラクターでもあるので、子ども3人は、マタニティスイミングで体力維持をし、出産に臨みました)


では、どのぐらい運動すれば良いのか。


もちろん人それぞれ違いますが、エビデンスを基にした目安があります。

妊娠中に推奨される運動の目安(運動経過が正常な妊婦)

・頻度 少なくとも週3回以上、出来れば毎日

・強度 中等度程度もしくは、主観的運動強度で、「ややきつい」または運動中に会話が出来る程度

・15分/日から開始して中等度の活動を少なくとも30分/日、計150分/週行う

・歩行や※エルゴメーターのような大きな筋肉を使用する、規則的な活動。

(※スポーツ器具で、フィットネスバイクなど、強度や量が計れるもの)

いかがでしょう。参考になりましたか?

そして、ヨガの呼吸法も大切ですが、イマジナリーも自律訓練法となり、効果大です。

心地好い状態(環境など)をイメージしたり、ちゅルンと出産するイメージは、ここぞと、いうときに副交感神経をあげてくれます。

リラックスして、主観的にお産に臨めるということ。

Mymeのレッスンでは、心地好い運動(ヨガ)、呼吸法、イメージング法をお伝えしております。

どのぐらい動けば良いのか、どんなことをマスターしておくとお産に(子育て、人生に)役立つのか、レッスンの中で少しずつ共有していきましょう。

レッスンでお待ちしております。

※なんらかのリスク状態のある場合は、運動を行って良いか、主治医へ相談してください。(スタジオmymeは、いとう産婦人科、内科と連携しております)

以下の症状が現れた場合は、運動を中止し、受診してください。

性器出血、運動前の呼吸困難、めまい、頭痛、胸痛、筋肉疲労、子宮収縮、胎動減少、下腹部の痛みや腫脹(血栓性静脈炎による)


★mymeのインスタグラムはこちら
ID: myme_yogastudio

ご予約はこちらから。
http://kayabacho-yoga.com/

#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ #妊活 #不妊治療#ピラティス#産後ピラティス#プレコンセプションケア

こんにちは、セロトニンヨガのTabtabです。

妊娠中にカフェインを含む飲み物(コーヒー、紅茶、緑茶など)を摂ると、胎児に影響するのでしょうか。

私は、コーヒーを1日3~4杯 チンタラ、チンタラと長時間掛けて飲むひとです。(笑)


、、で、家族からは、コーヒーカップに線が付く!と、叱られます。

コーヒーが大好きなんだけど、水分があまりとれなくて。


話を戻します。


では、マタニティさんは、コーヒーなどのカフェインをどのくらいとって良いのでしょう。

カフェインは、身のまわりの様々な飲料や食品に含まれ、特にお茶、コーヒー、チョコレート、栄養ドリンクなどに多く含まれています。


特にカフェイン含有量の多いコーヒーは、1日の摂取量をマグカップ2杯までにするとよいそうです。

カフェインの主な作用は、覚醒作用、脳細動脈収縮作用、利尿作用です。


(私は、コーヒーを飲んでも寝られるひと)

妊娠中は母体のカフェインの代謝時間が長くなるため、妊娠している女性は、していない時に比べ、カフェインの影響を受けやすくなります

また、カフェインの代謝産物が胎盤を通過することが知られているので、自然流産のリスクの上昇や胎児の発育が阻害される可能性が懸念されています。

カフェインの代謝産物が胎盤を通過す

なるほどね!摂取量、気を付けましょう。

「妊産婦、授乳婦の疑問」南江堂より

レッスンのご予約はこちらから。
http://kayabacho-yoga.com/

レッスンご参加までの流れは、こちらをご参考ください!
http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html

#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ #子連れピラティス#産後ピラティス#子育て

セロトニンヨガのtabtabです。


コロナの影響で、子ども達が元気に過ごす場所がなくて辛いところですね。

受付の女性は、小学生のお嬢さんと出勤。とてもおとなしくバックヤードで過ごしています。


私の手が空いている時は、スタジオで「カラダ遊び」をして一緒に気分転換。


「ヨガって楽しい!o(^o^)o」

って言ってくれるので、私も彼女と会えるのが楽しみ!
I044786817_349-262




昨日は、ママが選んでくれた本を見せてくれました。


「論理」の本。メチャ楽しい!はまってしまいそう!
I044786802_349-262


2冊目の「性教育」の絵本は、「ママ偉いなぁ~、すごいなぁ~」と感心。

子どもと一緒に体について学ぶママの姿勢は素敵デス。


「お互いに恥ずかしくなる前に、ちゃんと伝えておきたい」と、しっかりお嬢さんと向き合っています。
I044786749_349-262


恥ずかしい話ですが、私は大きくなるまで、赤ちゃんは帝王切開で産まれてくるのだと思っていましたし、臍の緒は、母親のお臍と繋がっているのだと思っていました!、、笑


どちらもお薦めの良い本ですよ✨


ご予約はこちらから。
http://kayabacho-yoga.com/



#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ

↑このページのトップヘ