茅場町女性ヨガスタジオmyme

茅場町女性ヨガスタジオmymeの公式ブログです。 インストラクターがヨガや生活のことを綴っています。

カテゴリ: Yukari

みなさんこんにちは!
久しぶりにブログを書かせて頂きます😊
火曜日11:00マタニティヨガ12:30産後ヨガwith baby
担当していますYukariです。

今日はクラス内でもご質問がありました、分娩時の呼吸法についてのお話しです✨

私ひとりでは、マタニティヨガ指導者としての目線と、自分自身の2回の分娩経験でしかお話しできないと思い、先週、当スタジオと医療連携していて同じビルのフロア違いにあります、いとう医院の産科にお勤めの助産師さんにお話しを伺ってみました。

結論から言ってしまうと、
ヨガのリラックスして"吐く"呼吸が、分娩時に凄く役立つ‼️
ということです。

その昔の分娩ではヒッヒッフーと力を入れるラマーズ法が有名でしたが、10年位前から、日本でもソフロロジー法という、力を入れずに呼吸を吐いて、赤ちゃんが降りてくるのを待つ方法も取り入れられるようになってきたそうです。
現在の分娩では、◯◯法ということにはこだわらず、助産師さんの促してくれるタイミングに合わせて、
まず口からしっかり吐き、吐き切った後
吸い、赤ちゃんの下がるタイミングに合わせて力を入れる、
という方法がほとんどだそうです。

この"吐く"が凄く大切になります。

呼吸は吐かないと吸えないので、吐ききれないと、その後上手く力を入れて押し出すことが難しくなります。
分娩台にいる時点での陣痛はかなりの痛みとなるため、呼吸を吐くことが難しくなりますので、リラックスして"吐く"という習慣を普段からヨガで培うことによって、痛みに振り回されず、落ち着いて呼吸を吐くことができ、押し出しのタイミングで力を発揮しやすくなる、そうです✨

ただ、ここに書かせて頂いたことも、1つの例であることに過ぎない、ということを忘れずに心に留めておいて下さい✨
分娩は人それぞれ、みんな違います。
何より大切なことは、自分の分娩についてきちんと考え、向き合い、分からないことや不安があれば、担当医や助産師さんに相談して情報収集すること。
今は便利な時代なので、ネットや動画配信などたくさんの情報が溢れていますが、それはそれを書いたり作った方の主観や経験であり、あなた自身の分娩ではない、ということなんですよね。

いとう医院では、妊婦検診にいらっしゃるマタニティさんを対象に、助産師相談をお受付しています。
また分娩を行なっている病院でも、Zoomなどを使用しリモートでの助産師相談や母親学級を行なっているところが多くあります。
ご自身のために、ぜひご活用ください。

お話し戻りますが、呼吸についてはマタニティヨガクラスでサポートさせて頂きますので、気になる方はぜひいらして下さい。
妊娠後期からのスタートでも大丈夫です。
不安を解消して、しっかり準備していきましょうね😊
219E326E-B512-465F-9D60-CFA65AB9E70C

写真は昨年産まれた我が子👶🏻(分娩翌日の写真)

ご予約はこちらから。

http://kayabacho-yoga.com/

#myme #中央区 #日本橋 #茅場町 #中央区ヨガ #茅場町ヨガ #yoga #ヨガ #ピラティス #肩こり #骨盤調整 #リラックス #デトックス #ストレッチ #女性専用 #少人数クラス #マタニティ #産後 #子連れ #子連れでお出かけ #マタニティヨガ #産後ヨガ #産後ピラティス #子連れヨガ #コロナ対策 #免疫力UP #ヨガ動画配信中

みなさんこんにちは!
久しぶりにブログを書かせて頂きます😊
火曜日11:00マタニティヨガ、隔週12:30産後ヨガwith babyを担当していますYukariです。

本日はマタニティ後期に出やすい、脚つりや脚のむくみ予防や解消に繋がるエクササイズをご紹介致します✨

妊娠後期に脚つりやむくみが出やすくなる原因は、
お腹が大きくなる事で鼠蹊部(足の付け根)周辺への圧迫が起こり、脚への血流やリンパ液などの流れ悪くなってしまうために起こることが多いです。
妊娠後期に限らず、最近は在宅勤務であまり歩かず、座った姿勢が長くなってくることでも起こりやすいです。

マタニティさんだけでなく、テレワークの方もぜひやってみて下さい✨✨

まず四つ這いになります。
マタニティさんで下を向くのが辛いかたは、写真のようなブロックなど、高さがあるものに手を置きます。
8210966E-4185-4689-A462-8C62CC58762B

そのまま、脚の付け根でマットに向かって円を描くように股関節周辺を回してほぐします。
右回り、左回りどちらも行います。
これだけでも、じっくりやってあげると股関節周りの滞りの解消に繋がりますが、先に進めそうな方は次もどうぞ✨

次に片足を前に出します。
マタニティさんは太ももにお腹が当たらないよう、写真のように足を手の外側へ置いて下さい。マタニティさん以外は、両手の内側、もしくはその近くに足を置きます。

膝を曲げ、まずピンクの矢印を意識していきます。
具体的には
踵で床を押し、
足底は前の壁に押すイメージ、
胸と背中を平行に、斜め上に引き上げる感覚。

ここまでできたら、赤い矢印をしっかり意識します!
ポイントは座骨を後ろ上に持ち上げる感覚。
お尻を後ろ上に持ち上げるように意識することでもも裏がしっかり伸びてきたらOKです。
A922CCE8-9D14-4F82-85A1-BCD883439E75


このエクササイズは、ももの後ろ側の凝りの解消に繋がります。右側が終わったら、左側もやってあげて下さいね☺️

脚がスッキリすると元気に歩きたくなりますよね😊
お天気の良い時は密をさけお散歩したり、ヨガにもぜひ♪
ヨガのレッスンでは、身体のお悩みに合わせた解消のポーズも行いますので、その日の体調を見てリクエストしていただいたり、質問等もぜひ😆
お待ちしています。

#myme #中央区 #日本橋 #茅場町 #中央区ヨガ #茅場町ヨガ #yoga #ヨガ #ピラティス #肩こり #骨盤調整 #リラックス #デトックス #ストレッチ #女性専用 #少人数クラス #マタニティ #産後 #子連れ #子連れでお出かけ #マタニティヨガ #産後ヨガ #産後ピラティス #子連れヨガ #コロナ対策 #免疫力UP #ヨガ動画配信中

ご予約はこちらから。

http://kayabacho-yoga.com/




みなさんこんにちは!
火曜日12:00マタニティヨガ、12:30産後ヨガwith baby(隔週)を担当していますYukariです。

今日から12月、もう師走ですね。
スタジオにも所々にクリスマスを散りばめました^_^
210E9BD4-3DEC-4275-AE23-5B7F7A3CF624


さて今日はプライベートレッスンについてご紹介させて頂きます。
プライベートレッスンはインストラクターとマンツーマンで楽しむことのできるレッスンです。

こんな方にオススメです!
・周りの方を気にせず集中されたい
・その時々のご自身の体調に合ったヨガを深めたい
・期間や目的を決めて行いたい
などです。

おふたりまで一緒にご受講いただけますので、お申込みの際にご参加される人数をお伝え下さいね。
お受付枠は下記の通りです。
12月よりプライベートレッスン枠が増えました!

◯12月プライベートレッスンお受付枠

月曜日
7、14、21日16:30〜17:30 Akko先生

火曜日
8、22日12:30〜13:30 Yukari
1、8、15、22日14:00〜15:00 Tabtab先生

水曜日
9、23日12:30〜13:30 Yuka先生

金曜日
4、25日14:00〜16:00の間で1h Remi先生


◯レッスン代
8800円もしくはレッスンチケット3枚

※当スタジオは女性専用ですが、小学生以下のお子様は男の子でもご受講可能です!


ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
おひとりおひとりに合ったヨガをご提供させて頂きます。
ぜひお待ちしています!

ご予約はこちらから。

http://kayabacho-yoga.com/

#myme #中央区#日本橋 #茅場町#yoga #ヨガ #ピラティス #肩こり #骨盤調整 #リラックス #デトックス #ストレッチ #女性専用 #少人数クラス #マタニティ #産後 #子連れ #
子連れでお出かけ #マタニティヨガ #産後ヨガ #産後ピラティス #子連れヨガ #コロナ対策 #免疫力UP #ヨガ動画配信中

レッスンご参加までの流れは、こちらをご参考ください!
http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html


みなさんこんにちは!
火曜日11:00産後ヨガwith baby、12:30肩・腰すっきりヨガ(マタニティさんご参加可)を担当しています、Yukariです。

今日は大騒ぎとなってしまった、我が家の卵アレルギー事件のお話しを。

現在下の子が7ヶ月になり、離乳食の真っ只中です。上の子の影響で食べ物への興味が高く、目を離すとお兄ちゃんの食べているおやつやパンをもぎ取って食べてしまい、毎日がヒヤヒヤ、、
そんな状況なので、乳や卵のアレルギーの出やすい食材を試す前から既に食べてしまっている状態(汗)でしたが、念のため卵アレルギーがないかどうか確認するために、離乳食の指導書に従い、6ヶ月末ごろから少量の卵黄を食べさせ、7ヶ月に入り卵白も試し、、
何事もなく無事に食べることができたので、晴れて卵アレルギー無し!を確認することができ、卵由来のインフルエンザのワクチンも無事に接種することが出来ました。

と、ここまでだと卵アレルギーでは無い!はずだったのですが。。
上の子と一緒の食材で、かき卵のうどんを食べさせると、あれよあれよという間に口周りに蕁麻疹、続けて目の充血、一気にぐずり始めると目元にも蕁麻疹、座っていた椅子から滑り落ちる勢いで泣きながら顔を掻き始めました。
すぐに小児救急医療相談に電話しました。
呼吸障害や嘔吐はなかったので救急車を呼ぶ必要はない、と指示され、医療機関を受診するように、のことでした。
普段初めての食材を食べさせるときは、小児科が受診できる時間帯にしていたのですが、卵は経験済みだったので食べさせたのは日曜日。。
休日診療所に連絡すると小児アレルギーは診察できないとのことで、対応して頂ける近隣の救急病院に連絡、、
そうこうしているうちに、幸いにも徐々に赤みが引き、ぐずりが治まってきました。
電話口の小児科の先生も、今すぐに受診の必要はないですが、何か症状が出るようなことがあれば直ぐに受診、一晩何事もなくても、翌日かならずかかりつけ医もしくはアレルギー科を受診するように言われました。
コロナ感染症予防のため上の子を連れて病院に行くことができないので、もしもの症状悪化の時のため、夫にも仕事先から戻ってもらいました、、

どうにか治まってホッとしたのと同時に、子どもに可愛そうな思いをさせてしまったこと、コロナ禍で忙しい救急医療機関にのお手を煩わせてしまったこと、夫の職場に迷惑をかけてしまったこと、と反省山積みでした。。

翌日、かかりつけ医とアレルギー科両方受診すると、アレルギー科の先生より、かき卵が半熟に近かったのかも、と指摘を受けました。恐らく卵アレルギーではないので1ヶ月くらい経ったら、また少量の卵黄から試してごらん、とのことでした。
1歳未満の子どもに卵を与えるときは、完全に火が通った茹で卵の状態で、と再確認させられました。
本当にみなさまお騒がせしました、です。。

ここで離乳食でアレルギーの出やすい食材を食べさせる時の注意点をまとめみます。

◯離乳食でアレルギーの出やすい食材を試すときの注意点
・月齢に合った食材かどうか
(消化機能が未発達でアレルギーのような反応が出ることもあるので)
・耳かき1さじくらいの少量からスタートする
・かかりつけ小児科もしくはすぐに駆け付けられる小児科やアレルギー科の受診できる時間帯に試す
・救急搬送の事態も視野に入れて、兄弟などがいる場合はその子たちを託せる大人がいる時間帯に試す

呼吸困難や意識障害が出る場合は、迷わず救急車だそうです。自己判断しかねる場合は、
小児医療救急相談 #8000 へ電話を。
看護師さんや医師の先生が直ぐに電話対応して下さり、その場所から近い救急医療機関の連絡先も教えてくれます。

私の失敗が、どなたかのお役に立てますように。
7FEE79F0-E9A6-4414-9BA1-8E93C55C131C


レッスンご参加までの流れは、こちらをご参考ください!
http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html

ご予約はこちらから。

http://kayabacho-yoga.com/

#myme #中央区#日本橋 #茅場町#yoga #ヨガ #ピラティス #肩こり #骨盤調整 #リラックス #デトックス #ストレッチ #女性専用 #少人数クラス #マタニティ #産後 #子連れ #
子連れでお出かけ #マタニティヨガ #産後ヨガ #産後ピラティス #子連れヨガ #コロナ対策 #免疫力UP #ヨガ動画配信中

みなさんこんにちは!
火曜日11:00産後ヨガwith baby、12:30肩・腰すっきりヨガ(マタニティさんご参加可)を担当していますYukariです。

突然ですが、お尻!凝っていませんか?!笑
朝晩冷え込むようになり、冬に向かうこれからの時期は坐骨神経痛や腰痛のご相談を受けることが多くなってきます。そういった症状を予防・改善するために、お尻の凝りをほぐしてあげることをお勧め致します。

まず、お尻の凝りチェックをしましょう!
6B2F26A8-0705-4D3B-9D5D-38D2A515BB4A
上の写真のように、膝を曲げて座ります。
片方のお尻の下にテニスボールを置き、軽く円を描くようにボールを動かします。ボールがなければ、直接床に円を描くように動きます。臀筋が凝っていると、どちらも痛いです。痛みが強い時は無理せずに。逆に痛みがなければ良好状態です。この動きは凝りのチェックだけでなく、ほぐしにも効果があります。

さらにヨガのポーズでアプローチしていきましょう。
"コアラのポーズ"です。
このポーズはお尻の凝りの解消だけでなく、腿裏の張りや凝りの解消、股関節の柔軟性を高めてくれる効果も期待されます。
EA7C66ED-90A9-4460-8510-1840CAB9E289
仰向け寝姿勢から、立膝をつくります。


F5E84C2D-7F07-49D1-9235-8B87B74C9BCE
右脚を上げ、足首の辺りを左膝上にかけます

FDA9752E-FAC7-43D9-AA44-A96A1DBD8342
右股関節をしっかり開き、膝を外側に
(開きにくい時はそのままで)

32DA0193-28C4-4C3D-957E-D26227250BB7
右手は両脚の間を通し、左手は左脚外側から手を伸ばし

7CEAA416-8445-4382-A2DC-7ECB422E8B31
両腕で左脚をしっかりと抱え込み、足を自分に近づけられるところまで、呼吸を吐きながらゆっくり引き寄せます。
この時、脚の力を抜いてあげると引き寄せやすくなります。
右側のお尻や腿裏に心地良い伸びや広がりを感じられます。
反対側も同様に行います。

お尻や腿裏の凝りの状態や股関節の様子により、ベルトやタオルを状態した方がポーズに効果が出やすい方もいらっしゃいます。クラスで行う際には、お身体の状態によって補助させていただきますのでご安心下さい。

ご予約はこちらから。

http://kayabacho-yoga.com/

レッスンご参加までの流れは、こちらをご参考ください!
http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html

#myme #中央区#日本橋 #茅場町#yoga #ヨガ #ピラティス #肩こり #骨盤調整 #リラックス #デトックス #ストレッチ #女性専用 #少人数クラス #マタニティ #産後 #子連れ #
子連れでお出かけ #マタニティヨガ #産後ヨガ #産後ピラティス #子連れヨガ #コロナ対策 #免疫力UP #ヨガ動画配信中

↑このページのトップヘ