タグ:アーユルヴェーダ

こんにちは!
毎週金曜11:00~/土曜14:00~(不定期)に
→マタニティヨガ
毎週月曜14:00~
→マタニティ・ベーシック
を担当しているRemiです。

先日、アーユルヴェーダの勉強のためWSへ参加してきました。
よく、ヨガと姉妹関係と言われる
アーユルヴェーダは世界三大医学であり、インドの伝統医学。
生まれ持った体質や生活習慣による
3つのドーシャ(火:ピッタ/風:ヴァータ/水:カファ)を
整えることで健康な身体をつくりをめざします。
(チェックで診断できるWEBサイトなどもあります!)

皆その3つの性質を持っていますが、質の強弱はバラバラです。
そして生まれ持った体質以外にも、
季節や生活する環境によってもドーシャは左右され、バランスは変化。
私はインドの病院で診察を受けたこともあるのですが、
ヴァータの体質が強く、
生活環境もヴァータを乱しやすいことがわかっています。
気を抜くと、自分で忙しくしてしまい無駄に多忙に、、、
無理し過ぎない、ゆっくりした生活を心がけています。

冬の終わり〜春にかけては
カファのエネルギーが乱れやすい時期。
カファは水の性質なので、重たい、冷たい、静か、どっしりした、、、などが特徴。
よく言えば安定している、水々しく潤って若々しいエネルギー。
反対には、重く動きが鈍く活動量が減少。。。
出かけたいのに、だるさを感じたり、
過眠や引きこもりたくなるような乱れ方も。
誰しも、3つの性質を持っているので、
多かれ少なかれ、カファの乱れの影響を受けています。

そんな時にはいつもより意識的に身体を動かしましょう!
一駅分歩いてみたり、自転車で出かける場所を徒歩にしたり。
あとは仰向けの状態でお尻を壁に着けて、
足を上に上げるだけでも下半身に滞った血流を
上半身へと流してエネルギーを循環させることができます。

他にも呼吸法などいろいろあります。
気になる方はクラスの前後にぜひお声がけくださいね!

写真はドーシャごとに味の異なる
アーユルヴェーダのクッキー!
IMG_7141

★mymeのインスタグラムはこちら
ID: myme_yogastudio

#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ #妊活 #不妊治療 #出産 #免疫UP #プレコンセプションケア #アーユルヴェー

こんにちは!

毎週金曜11:00~(7月から時間変更)/土曜14:00~(不定期)に

マタニティヨガを担当しているRemiです。


インド滞在中に

アーユルヴェーダのクリニックに行ったという話をすると、

大抵の友人に、

「あの頭にオイル垂らすやつでしょ?」

って言われます!!


確かに間違いではないのですが、

あのオイル(シロダーラって言います)だけが

アーユルヴェーダではありません!

シロダーラは脳のマッサージとも呼ばれる、

トリートメントの一つ。


アーユルヴェーダの治療は、

ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(水)という

私たちの体の3つの体質のバランスを取るために

瞑想やヨガ、オイルマッサージ、食事療法、デトックスなどをします。

その3つはトリ・ドーシャと呼ばれ、

人によって、また季節などによって

どの性質が優位かが異なってきます。


病気を予防し、心と体の健康を維持するための

アーユルヴェーダの様々なトリートメントですが、

まだ日本では医療<エステ、という印象が強いですよね。

実際に日本の医療現場の考えでは、

アーユルヴェーダは、通常の医療(西洋医療)ではなく、

代替療法という扱いになります。


なかなか日本では治療を受けられる場所も少なく、

イメージが先行してしまっているかもしれませんが

アーユルヴェーダって実際なに!?

という方にオススメなのがこの漫画です。


「アーユルヴェーダはすごいぞ~!」(主婦と生活社)


IMG_0943


インド人の旦那さんを持つ、

流水りんこさんの、

本場インドでのアーユルヴェーダ治療院の経験談です。

漫画なので、絵を見ながら

こういうことやるんだ~ってわかりやすく理解できます。

なんだか、今の生き方やものの考え方まで

改めて考えさせられてしまうこの漫画、、、


機会があったら読んでみてくださいね(^ ^)



レッスンご参加までの流れは、こちらをご参考ください!
http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html



#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ

↑このページのトップヘ