茅場町女性ヨガスタジオmyme

茅場町女性ヨガスタジオmymeの公式ブログです。 インストラクターがヨガや生活のことを綴っています。

タグ:ヨガ哲学

こんにちは!
金曜日のクラスを担当しているRemiです
今日は「子育てとヨガ」のお話をしたいと思います。

妊娠・出産をしてからよく
「子育てはヨガの実践」だよ〜って
先輩ママヨギー(ヨガを学んでいるママ!)たちに言われていました。
最初はピンとこなかったのですが
息子が生まれて2年半が過ぎ、
その言葉をとても実感しています。


現代、ヨガを練習する目的は人それぞれで、
痩せたい、健康になりたい、体の不調を解消したい、難しいポーズをとれるようになりたい、、、
いろいろあると思います。
伝統的なヨガの本来の目的は、
悟ること、本当の自分・内側の心地よさを知ること、欲や執着を手放すこと、、、
こちらも流派などでいろいろ言い方がありますが
現代にも伝統的なヨガどちらにも共通しているのは
「幸せになること」

今よりも、もっと幸せになりたいと願って
ヨガを始めたり、続けているのではないでしょうか。
(今より痩せたら、健康だったら幸せになれそう!っていう気持ち)
ヨガに限らず、新しく何かを始める時、モノを買う時など
人の選択の背景には、これをしたら・持っていたら
「幸せになれそう」という判断基準が大きくあると思います。


先日パパが、息子に
「○○は幸せだね〜」と話しかけていました。
その背景には、
好きなおもちゃやお菓子に囲まれていた瞬間だったのですが
「しあわせってなぁに?」って息子は聞き返していたのです。
※この発言からもわかるように精神的なことが好きな私と正反対で、パパは物質世界を生きる人です(笑)

その時、
「あ、幸せって大人になった人が勝手に定義していることなんだ」って感じたのです。
もしそこで、
「好きなものに囲まれていることが幸せだよ」と教えたら
彼の中の「幸せ」の1つの理解がそうなるんだなって。
でも、彼はいつもニコニコ元気いっぱいだし、
「幸せ」って言葉を知らなくても
既に幸せな自分をたくさん知っているよなって。
ってことは大人になった私たちも
新たに「幸せ探し」をしなくても、本当は幸せなんだって。
(なかなか常日頃感じるのは難しいですが
そんなことを改めて感じました。


子どもが
手にとるもの、食べるもの、経験すること。
たぶん10歳くらいまではその多くは
子ども自身の選択じゃなくて、親やまわりの大人の選択だと思います。

さらに言うと5歳くらいまでは
感じること・物事の受け取り方もほとんどが親の選択です。
おばけや鬼が怖い存在だ、とか、
動物は可愛い存在、虫は遠ざけておきたい存在、、、
全部、親やまわりの大人の反応を見て、真似しています。
私の感覚が息子にそのまま反映されているなぁと感じます。
(実際違うように見えても、親が自分で気づいてない感覚を反映していることもあると感じます)

だからこそ、親である自分自身が
どう世界を見ているのか、どんな選択をしていくのかが
近くにいる子どもにとっても
すごく大事なことなんだなぁと改めて気づかされます。
ヨガの哲学書には正にそういった
「幸せに生きるための道」がたくさん書かれています

さぁ、
毎日楽しんで笑顔で過ごせるよう
一緒に「幸せに生きるための道」を学んでいきましょう



#myme #中央区 #日本橋 #茅場町 #中央区ヨガ #茅場町ヨガ #yoga #ヨガ #ピラティス #肩こり #骨盤調整 #リラックス #デトックス #ストレッチ #女性専用 #少人数クラス #マタニティ #産後 #子連れ #子連れでお出かけ #マタニティヨガ #産後ヨガ #産後ピラティス #子連れヨガ #コロナ対策 #免疫力UP #ヨガ動画配信中

こんにちは!
mymeのインストラクターRemiです!

ヨガの練習を始めると、
だんだんヨガって体を動かすだけじゃなさそうだ、、、
そんなことに気づいていくと思います。
呼吸だったり、考え方だったり、大きく見ると生き方だったり、、、!!

私自身、ヨガを最初に始めたきっかけは運動・ダイエット。
そこからだんだんと「本物のヨガって何だろう?」という探求が始まり、
ホットヨガから常温ヨガへ、
さらにその中から自分に合うヨガの流派や先生を探しながら
いろんな経験を経て今に至ります。

本物のヨガって何だ?
という疑問を解くにはヨガの先生になる勉強をするのが
手っ取り早いんじゃないか!?と、
ヨガの先生になるための学校(RYT200)も3校通いました。
その結果は、、、
ヨガに対する解釈が複数、というか、たっくさんあるということがわかりました。
同じアーサナ、哲学を1つとっても先生によって解釈の仕方や教え方が異なります。

その中で、気づきとして感じているのは
自分の『今』に合った教えかどうか、です。
5年前はわからなかったことが、
今同じことを学んだらより深く理解できる、共感できるといった経験は
皆さんもヨガに限らず、
人生で起きるいろんなタイミングで感じたことがあると思います。

『今』だから理解できることや、
『今』学びたいことが一致したものを
自分の知識として増やしていけば、少しずつですが前進しているのかな、本物に出会えるのかな、と思います。

日常生活でもヨガの知識が活かされるよう
このblogでもアーサナに限らず、
哲学のお話もしていけたらと思います!!


スタジオでお会いできるのを楽しみにしています!


29649184_Unknown 2



ご予約はこちらから。


#中央区#茅場町#ヨガ#肩こり#骨盤調整#リラックス#デトックス#ストレッチ#女性専用#少人数クラス#マタニティ#産後#子連れ#マタニティヨガ#産後ヨガ#子連れヨガ #妊活 #不妊治療 #出産 #免疫UP #プレコンセプションケア #stayhome #お家でヨガ #ヨガ哲学 #コロナに負けるな #withコロナ

こんにちは!
毎週金曜11:00〜(7月から時間変更)/土曜14:00〜(不定期)に
マタニティヨガを担当しているRemiです。

7月から見頃を迎える蓮の花。
今回はヨガと蓮(ロータス)の関係について解説します。
(いろいろと諸説ありますが、私の知っている範囲で書きます)

蓮の花の絵が描かれたヨガウェアやグッズ、
ヨガスタジオのマークなどを見かけたことがある方も多いと思います。
私もヨガを始めたばかりの頃は
なんとなくヨガ=蓮の花と感じて、
ノートに蓮の花の絵を描く練習をしたりしていました(笑)
蓮の花とヨガにはどんな繋がりがあるのでしょうか?
28856960_Unknown

蓮は泥の中から茎を伸ばし、
水面上に白やピンクの綺麗な花を咲かせます。
その性質が、「清らかに生きること」の象徴として
インドの神話や聖典で紹介されてます。
また、仏教でも蓮は「知性」や「慈悲」の象徴、
「極楽浄土に咲く花」として知られています。

そして、ヨガの哲学書「バガヴァッド・ギーター」にも
蓮が何度か登場します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5章10節
執着心を捨てて自らの義務を遂行し、
その結果を至上主に献ずる人は、
蓮の葉が水を弾いて濡れないように、
あらゆる罪を弾いてよせつけない

11章2節
蓮華のような目を持つ御方(クリシュナ)よ

11章15節
蓮華に坐すブラフマーもシヴァも
あらゆる聖賢と聖なる蛇たちも見えるのです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
など、神聖なものの例えとして出てきます。

また、ヨガと関係深いヒンドゥー教の神様には
赤い蓮の花を手にした、
美と豊かさの女神ラクシュミー。
白い蓮の花に座っている、
芸術や知識の女神サラスワティも有名です。

あらゆる感情、善悪、人や動物、出来事が
混ざり合った世界(泥部分)に私たちは日々暮らしています。
その中でも、純粋でまっすぐな心でいられるように。
さまざまなヨガの練習を通して、
身体や心を浄化し、純粋な状態に保つこと。
蓮の花を目ざすことがヨガなのかな、と思っています。

東京だと上野公園や水元公園が蓮の花で有名ですよね。
今年も見に行こうと思います。


ヨガを通じて笑顔になってくれますように☆
Remi


引用:バガヴァッド・ギーター/ジャヤーナンダ・ダーサ翻訳



こんにちは!
毎週金曜10:30~/土曜14:00~(不定期)に
マタニティヨガを担当しているRemiです

妊娠期にみなさんは
体調の変化や、感情の起伏など、
今までとは違う自分との出会いは経験されましたか?

私は現在9ヶ月の息子がいるのですが、
昨年は妊娠・出産を経て、ホルモンの変化に伴う
つわりやイライラ、そして食の好みの変化など
これでもかというほど味わいました。
そして、この経験こそが
まさに“ヨガの実践”だなと痛感しています。

ヨガの練習は、
要らないものを手放し、
必要なものや与えられたものを手元に置く
という練習の積み重ねです。

わかりやすい身体のことで伝えると、
アーサナの練習を続けていくと、
肩こりや腰痛など、本来いらないものがなくなっていき、
心地よく過ごすのに必要な筋力や柔軟性が備ってきます。

その練習が深まっていくと、
今度は物質的にも必要なものだけ、
本当に欲しているものだけを残すようになっていき、
いらないものがまわりからなくなっていきます。
シンプルな暮らしへとシフト。
(私もまだまだ修行の道中にありますが!)

これはまさに
妊娠期に
自分とお腹の赤ちゃんのために
身体にいいもの、自分が欲しているものを食べ、
必要以上なストレスはかけない生活を心がける。
産後は
赤ちゃんのお世話を優先するからとにかく時間がない。
そうなると必要な家事、連絡などから手をつける。。。
まさにヨガの実践じゃないか~!と日々感じています。

off the mat
マットの上以外でもヨガを実践する
IMG_0717




私たちの日々の暮らしには、
ヨガ哲学やヨガの考え方のヒントがたくさんあるし、
知らず知らずに実践しているものですね





ヨガを通して、みなさんが笑顔になってくれますように☆
Remi


レッスンご参加までの流れは、こちらをご参考ください!
http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html

こんにちは!

毎週金曜10:30~/土曜14:00~(不定期)に

マタニティヨガを担当しているRemiです


最近は結婚しても働き続ける女性が増え、

妊娠しても産休に入るまでバリバリ働くマタニティさんが

多くいらっしゃいますよね。

つわりの時期も、そのあとお腹が大きくなってきても

本当にみなさんよく頑張っていらっしゃいます


先日、マタニティヨガに通ってくださっている

生徒さんからこんな相談を受けました。


「仕事をしているとイライラすることが多く、

お腹の赤ちゃんにも良くないんじゃないかと心配です。」


確かに、妊娠期はホルモンのバランスも変わりますし、

ママの身体の調子や感情は赤ちゃんに伝わるかも、と不安になりますよね。

妊娠中はへその緒で繋がっていて赤ちゃんと一心同体、

産後しばらくの間も、母乳やミルクをあげたり、

抱っこしたりと、肌と肌が触れ合う時間が長いし、

実際にそうなんじゃないかなと私も実体験でそう感じています。


でも、じゃあストレスがあるからといって

すぐに仕事をやめられるか、というとそうではありません

仕事以外でも人間関係や生活環境で

ストレスをまったく受けずに生活することは難しい時代です。

では、どうしたらいいのでしょうか。



ヨガには身体を動かすアーサナだけではなく、

呼吸法や哲学など、たくさんの知識があります。

その哲学の教えの中に

「自分に与えられた義務を果たし、結果は手放しなさい」という教えがあります。

自分自身ができる行為はしっかり責任を持って行い、

それに伴う結果には執着しない、ということです。

やるべきこと、最善策だと思えることをしっかり行えばいい。

それに伴う結果は、自分自身がコントロールできるものではないので、

そこに意識をとらわれ過ぎてしまうのはもったいない!!

また、ストレス自体も本来は姿形のないもので、
自分の意識がストレスを作り出しているのです。
(同じ状況でストレスを感じる人とそうでない人がいるように。)


そしてストレスを感じてしまう、と思うなら

ストレスを和らげる方法を自分で持っておくことがとっても大切。

それが自分自身でコントロールできる行為にもなりますね

好きなものを食べる、好きな人と会って話す、

お風呂にゆっくり浸かる、、、ヨガをする!!!

小さなことでもいいんです


この話をした後、

次にスタジオに来たその生徒さんは

「前回の話を聞いて、今週は上司との関係も前よりイライラしなくなりました!」って

笑顔で話してくれました!!

マタニティヨガの後は、お友達とランチに行くそうです

ヨガを通して、みなさんが笑顔になってくれますようにRemi



IMG_0681
↑こちらは最近行った自由が丘shiro cafeのヴィーガンチョコパフェ
 大好きなヨガ仲間と美味しいヴィーガン料理を食べて話すのが私の癒しタイムです


レッスンご参加までの流れは、こちらをご参考ください!
http://kayabacho-jyosei-yoga-studio-myme.blog.jp/archives/17463310.html

↑このページのトップヘ