こんにちは!
毎週金曜11:00〜(7月から時間変更)/土曜14:00〜(不定期)に
マタニティヨガを担当しているRemiです。

7月から見頃を迎える蓮の花。
今回はヨガと蓮(ロータス)の関係について解説します。
(いろいろと諸説ありますが、私の知っている範囲で書きます)

蓮の花の絵が描かれたヨガウェアやグッズ、
ヨガスタジオのマークなどを見かけたことがある方も多いと思います。
私もヨガを始めたばかりの頃は
なんとなくヨガ=蓮の花と感じて、
ノートに蓮の花の絵を描く練習をしたりしていました(笑)
蓮の花とヨガにはどんな繋がりがあるのでしょうか?
28856960_Unknown

蓮は泥の中から茎を伸ばし、
水面上に白やピンクの綺麗な花を咲かせます。
その性質が、「清らかに生きること」の象徴として
インドの神話や聖典で紹介されてます。
また、仏教でも蓮は「知性」や「慈悲」の象徴、
「極楽浄土に咲く花」として知られています。

そして、ヨガの哲学書「バガヴァッド・ギーター」にも
蓮が何度か登場します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5章10節
執着心を捨てて自らの義務を遂行し、
その結果を至上主に献ずる人は、
蓮の葉が水を弾いて濡れないように、
あらゆる罪を弾いてよせつけない

11章2節
蓮華のような目を持つ御方(クリシュナ)よ

11章15節
蓮華に坐すブラフマーもシヴァも
あらゆる聖賢と聖なる蛇たちも見えるのです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
など、神聖なものの例えとして出てきます。

また、ヨガと関係深いヒンドゥー教の神様には
赤い蓮の花を手にした、
美と豊かさの女神ラクシュミー。
白い蓮の花に座っている、
芸術や知識の女神サラスワティも有名です。

あらゆる感情、善悪、人や動物、出来事が
混ざり合った世界(泥部分)に私たちは日々暮らしています。
その中でも、純粋でまっすぐな心でいられるように。
さまざまなヨガの練習を通して、
身体や心を浄化し、純粋な状態に保つこと。
蓮の花を目ざすことがヨガなのかな、と思っています。

東京だと上野公園や水元公園が蓮の花で有名ですよね。
今年も見に行こうと思います。


ヨガを通じて笑顔になってくれますように☆
Remi


引用:バガヴァッド・ギーター/ジャヤーナンダ・ダーサ翻訳